キャリー・マリガン、ブラッドリー・クーパー監督作品に出演へ

キャリー・マリガン、ブラッドリー・クーパー監督作品に出演へ
提供:シネマクエスト

キャリー・マリガン(35)が、ブラッドリー・クーパー(45)によるレナード・バースタインの伝記映画に出演する。アメリカを代表する指揮者であり、ミュージカルの『ウエスト・サイド物語』や『キャンディード』などの音楽も手掛け作曲家としても活躍したバースタインの生涯を描いた新作『Maestro』で監督兼出演を務めるブラッドリーが今回妻フェリシア・モンテアレグレ役をキャリーが演じることを明かした。ネットフリックスで配信される同作は、夫妻の複雑な結婚生活を30年という歳月を通して描き出す。夫妻は3人の子供をもうけたものの、フェリシアは結婚前、そして結婚してからも夫が男性と情事を持っていたことを知っていたという。同新作で、『スポットライト 世紀のスクープ』のジョシュ・シンガーと共に脚本も執筆するブラッドリーは、バースタインの遺産管理者から製作権を得ており、ここ2年間、ジェイミーを始めアレクサンダーやニーナといったバースタインの子供達と共に企画を進めてきた。

最終更新日
2020-09-25 10:00:14
提供
シネマクエスト(引用元

広告を非表示にするには