ベネチア国際映画祭、『ノマドランド』金獅子賞、黒沢清監督が銀獅子賞受賞

ベネチア国際映画祭、『ノマドランド』金獅子賞、黒沢清監督が銀獅子賞受賞
提供:シネマクエスト

『ノマドランド』がベネチア国際映画祭の金獅子賞を受賞した。フランシス・マクドーマンド主演のクロエ・ジャオ監督による同作は12日(土)、最高栄誉である同賞を獲得、また日本からは黒沢清監督が『スパイの妻』で銀獅子賞最優秀監督賞受賞の快挙を果たしている。このほか、ミシェル・フランコが『Nuevo Orden』で銀獅子賞審査員大賞、黒沢清が『スパイの妻』で銀獅子賞最優秀監督賞に輝いたほか、ヴァネッサ・カービーがコルネル・ムンドルッツォ監督作『Pieces Of A Woman』でヴォルピ杯女優賞、ピエルフランチェスコ・ファヴィーノがクラウディオ・ノーチェ監督作『Padrenostro』でヴォルピ杯男優賞を受賞した。さらに、チャイタニヤ・タームハネーが現代のムンバイを舞台にインド伝統音楽の歌い手となることに人生を捧げた男性を描いた『The Disciple』で最優秀脚本賞、アンドレイ・コンチャロフスキー監督による『Dear Comrades』が審査員特別賞に選ばれている。

最終更新日
2020-09-16 10:00:56
提供
シネマクエスト(引用元

広告を非表示にするには