チャドウィック・ボーズマンに次々と追悼メッセージ

チャドウィック・ボーズマンに次々と追悼メッセージ
提供:シネマクエスト

先日結腸がんのため43歳で他界したチャドウィック・ボーズマンに次々と追悼メッセージが寄せられている。マーベル共演者らも次々とコメントを出す中、代表作『ブラックパンサー』の共演者であるマイケル・B・ジョーダンがインスタグラムに長文の追悼メッセージを投稿した。そこでは、言葉で表現できないほど悲しみに暮れているという胸中を明かすと共に、「最後に話した時、君は僕らが永遠につながっていると言ってた。その言葉がこれ以上ないほど僕にとって意味を持つ」と最後の会話が明かされている。そして、16歳の時に『オール・マイ・チルドレン』で共演して以来、チャドウィックを手本にし兄のように想ってきたものの、その気持ちを伝えるチャンスがなかったという後悔の念も綴られている。ほかにも『ブラックパンサー』のライアン・クーグラー監督、2013年作『42』で共演したハリソン・フォード、『ザ・ファイブ・ブラッズ』のスパイク・リー監督も、チャドウィックのヒーロー的精神を称えるコメントを出している。

最終更新日
2020-09-03 10:00:41
提供
シネマクエスト(引用元

広告を非表示にするには