デンゼル・ワシントンとジュリア・ロバーツが再タッグ

デンゼル・ワシントンとジュリア・ロバーツが再タッグ
提供:シネマクエスト

デンゼル・ワシトントンとジュリア・ロバーツが、新作ネットフリックス映画で再共演する。27年前に『ペリカン文書』で共演した2人は、新作『Leave The World Behind』で再タッグを組むという。ルマーン・アラムによる今秋出版予定の小説を原作としたネットフリックスによる同新作では、『MR. ROBOT/ミスター・ロボット』のサム・エスメイルがメガホンを取る。プロデューサー陣にはエスメイルのほか、デンゼルとジュリアが名を連ね、アラムが製作総指揮を担う。週末を一緒に過ごすことを余儀なくされたものの、最悪な結果となってしまう2家族を描くという。一方で1993年作『ペリカン文書』以来、スクリーン上では再会してこなかった2人だが、ジュリアは昨年デンゼルがアメリカン・フィルム・インスティチュート(AFI)生涯功労賞を受賞した際、プレゼンターを務めていた。

最終更新日
2020-07-23 10:00:47
提供
シネマクエスト(引用元

広告を非表示にするには