ジョン・ハム、『フレッチ/殺人方程式』リブート版で主役へ

ジョン・ハム、『フレッチ/殺人方程式』リブート版で主役へ
提供:シネマクエスト

ジョン・ハムがリブート版『フレッチ/殺人方程式』で主演兼製作を務める。チェビー・チェイが新聞記者のタイトルロールを務めた1985年の同作をリブートする新作は、『スーパーバッド 童貞ウォーズ』のグレッグ・モットーラが監督、脚本はグレゴリー・マクドナルド原作による「コンフェス・フレッチ」シリーズの第2刊を基に、ドラマ版『リーサル・ウェポン』のゼヴ・ボロウが執筆する。ストーリーは、複数の殺人事件が起きる中、その1件でフレッチが主要な容疑者となってしまったことで、なんとか無実を証明しようと、婚約者の父親が行方不明になった後、死亡したと判断されて受け継いだものの盗まれてしまった芸術品を探そうとするといった内容になっている。映画の第1作目がヒット作となったことで、1989年には続編『フレッチ登場!/5つの顔を持つ男』も製作されたが、興行成績は伸び悩んでいた。

最終更新日
2020-07-20 10:10:07
提供
シネマクエスト(引用元

広告を非表示にするには