マーク・ハミル、カットされた『スター・ウォーズ』重要シーンを振り返る

マーク・ハミル、カットされた『スター・ウォーズ』重要シーンを振り返る
提供:シネマクエスト

マーク・ハミル(68)は、あるシーンが削除されていなかったら「スター・ウォーズ」シリーズのルーク・スカイウォーカーの物語は全く違ったものとなっていたと考えているという。マークは後に『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』と改題される1977年のシリーズ第1弾に含まれることがなかった、レイラ姫の宇宙船とダース・ベイダーのスター・デストロイヤーとの戦闘シーンをルークがタトゥイーンから目撃する場面を振り返り、そこで、帝国軍の制服を着た友人ビッグスが反乱軍への乗り換えを考えていると知ったことが、ジェダイへの道を歩む最初の動機づけになったとしている。最初の3作でルーク役を演じ、その後続編3部作で同役を再演したマークは、ルークに政治的動機が一切なかったことを示すこのシーンが、キャラクターに深みを与えることになったと考えているようだ。

最終更新日
2020-07-02 10:20:51
提供
シネマクエスト(引用元

広告を非表示にするには