ジョセフ・コシンスキー、『ツイスター』リブート作を監督へ

ジョセフ・コシンスキー、『ツイスター』リブート作を監督へ
提供:シネマクエスト

ジョセフ・コシンスキー(46)が竜巻映画『ツイスター』リブート作を監督することに関し交渉中だという。1996年公開のオリジナル版では、ビル・パクストンとヘレン・ハント演じる研究者夫婦が竜巻の通路に観測装置を仕掛けるという内容だったが、現在リブート作に関して製作のユニバーサルが同監督と話し合いを進めているという。また同新作では、「インディ・ジョーンズ」や「ボーン」シリーズに携わったフランク・マーシャルが製作を担当、ユニバーサルは現在脚本家を選んでいる段階だという。オリジナル作は『スピード』のヤン・デ・ボンが監督、スティーヴン・スピルバーグが製作総指揮を担っていた。一方、コシンスキーは『トップガン マーヴェリック』の公開も控えており、他にも1982年公開作『トロン』の続編『トロン:レガシー』を監督した経歴を持つ。

最終更新日
2020-06-30 10:00:01
提供
シネマクエスト(引用元

広告を非表示にするには