ラッセル・ウィルソンとシアラ夫妻、マイルズ・テラー主演映画を製作総指揮へ

ラッセル・ウィルソンとシアラ夫妻、マイルズ・テラー主演映画を製作総指揮へ
提供:シネマクエスト

アメフト選手のラッセル・ウィルソンと歌手シアラが、マイルズ・テラー主演映画の製作総指揮を担う。同夫妻は、自らの製作会社ホワイ・ノット・ユーを通して、2009年に実際に起こったボート転覆事故を描いた新作『Not Without Hope』を手掛ける。『セッション』などで知られるマイルズは、同事故の唯一の生存者だったニック・シュイラーが共同執筆した同名ノンフィクション作品をもとに製作される同新作で、シュイラー役を演じるという。シュイラーは、親友ウィル・ブリークリーやNFL選手のマーキス・クーパー、コーリー・スミスと共にメキシコ湾に魚釣りに出かけたところ、大嵐に遭遇し乗っていた船が転覆、46時間後に救出されるも、同乗した3人は低体温症で命を落とした。一方マイルズには、トム・クルーズ主演作『トップガン:マーベリック』も控えており、プロデューサー、ジェリー・ブラッカイマーは最近、グレン・パウエルやジョン・ハムも含む全ての俳優達が撮影開始前に飛行レッスンを受けたことを明かしていた。

最終更新日
2020-06-17 10:30:29
提供
シネマクエスト(引用元

広告を非表示にするには