ヴィゴ・モーテンセン、新作で『グリーンブック』監督と再タッグ

ヴィゴ・モーテンセン、新作で『グリーンブック』監督と再タッグ
提供:シネマクエスト

ヴィゴ・モーテンセンが新作映画で、『グリーンブック』のピーター・ファレリー監督と再タッグを組む。ジョアンナ・モロイとジョン・”チッキー”・ダナヒュー著作のノンフィクション本『The Greatest Beer Run Ever: A True Story of Friendship Stronger Than War』の映画化となるタイトル未定の新作では、ダナヒューがベトナム戦争に出向中の幼馴染と1杯飲もうと、現地に出向く姿が描かれる。ファレリーがブライアン・カリーとピート・ジョーンズと脚本を執筆、ヴィゴは助演を務める見込みだ。2人がタッグを組んだ伝記コメディ映画の『グリーンブック』は、アカデミー賞で作品賞を含む3冠に輝く高評価を受けていた。一方で、ヴィゴは『Falling』で監督デビューも果たしており、そこでは同性愛嫌悪な認知症を患う父親の面倒を見る、同性愛者役で主演も務めていた。

最終更新日
2020-06-16 10:00:37
提供
シネマクエスト(引用元

広告を非表示にするには