2部作の新作『デューン』、前編だけでも楽しめる内容

2部作の新作『デューン』、前編だけでも楽しめる内容
提供:シネマクエスト

2部作となる新作『デューン』は、前編だけでも十分楽しめる内容になるようだ。フランク・ハーバートのSF小説『デューン 砂の惑星』の前半を映画化したドゥニ・ヴィルヌーヴ監督による新作映画が今年12月に全米公開を予定されているが、独立した作品として楽しめる内容だと撮影のグレイグ・フレイザーが話している 。また、「スター・ウォーズ」シリーズの『ローグ・ワン:スター・ウォーズ・ストーリー』や『マンダロリアン』にも参加してきたフレイザーにとって、ティモシー・シャラメとレベッカ・ファーガソン主演の同新作で、また違ったSF作品を手掛けられたことは面白い経験だったそうだ。

最終更新日
2020-06-09 10:00:02
提供
シネマクエスト(引用元

広告を非表示にするには