ライアン・レイノルズ夫妻、全米有色人種地位向上協議会に2000万円超を寄付

ライアン・レイノルズ夫妻、全米有色人種地位向上協議会に2000万円超を寄付
提供:シネマクエスト

ライアン・レイノルズとブレイク・ライブリー夫妻が、全米有色人種地位向上協議会(NAACP)の法的弁護基金に20万ドル(約2150万円)を寄付した。同夫妻は、武器を所持していなかった黒人男性のジョージ・フロイドさんが先週白人警察官に殺害されたことに対し全米各地で抗議デモが起こっていることを受けて、法的な立場で人種差別と闘うアメリカ有数の法律事務所である同団体への支援を表明したかたちだ。夫妻は出された共同声明文の中で、いかに人種差別が深く浸透しているかについて十分な情報を得てこなかった自分たちを「恥ずかしく思う」とコメントし、今後も同団体の活動を支援すると共に引き続き学んでいくとした上で、全ての地方選挙に投稿する意向を明らかにしている。

最終更新日
2020-06-03 10:00:13
提供
シネマクエスト(引用元

広告を非表示にするには