ザック・スナイダー監督版『ジャスティス・リーグ』が来年配信へ

ザック・スナイダー監督版『ジャスティス・リーグ』が来年配信へ
提供:シネマクエスト

ザック・スナイダー(54)が、自らの編集による『ジャスティス・リーグ』を来年公開する。スナイダーは2016年、DCコミックスのスーパーヒーローが集結した同作品の大部分の製作を終えていたものの、娘オータムが20歳の若さで自ら命を絶ったことを受けてポストプロダクションの段階で降板、その後ワーナー・ブラザースはジョス・ウェドンを後任に迎え入れ作品を完成させていた。スナイダーによる作品はよりダークな内容となっていただろうと考えられており、長年に渡りスナイダー版の公開が熱望されてきた。そして今回、スナイダー版が来年HBO Max で、長編映画もしくは6部編成のドラマとして配信されることが発表されたかたちだ。

最終更新日
2020-05-24 10:00:12
提供
シネマクエスト(引用元

広告を非表示にするには