レオナルド・ディカプリオ、アフリカ最古の自然保護区を支援

レオナルド・ディカプリオ、アフリカ最古の自然保護区を支援
提供:シネマクエスト

レオナルド・ディカプリオが、アフリカ最古の自然保護区の支援運動に参加した。ディカプリオは、コンゴ民主共和国のヴィルンガ国立公園で4月、レンジャー12人が殺害される事件があったことを受け、支援に乗り出したかたちだ。絶滅危機にあるマウンテンゴリラの生息地として知られ、観光客に人気の同公園は、ルワンダの反政府集団により襲撃されたと考えられている。また、2013年には同公園における違法石油採掘対策にも協力していたディカプリオは、慈善家のローレン・パウエル・ジョブズやブライアン・シースと共に設立した環境団体アース・アライアンスを通して支援を行ってゆくという。

最終更新日
2020-05-22 10:00:02
提供
シネマクエスト(引用元

広告を非表示にするには