シャーリーズ・セロンとトム・ハーディ、『マッドマックス』の撮影での確執を振り返る

シャーリーズ・セロンとトム・ハーディ、『マッドマックス』の撮影での確執を振り返る
提供:シネマクエスト

シャーリーズ・セロンとトム・ハーディが、『マッドマックス/怒りのデス・ロード』撮影中の確執について語った。2015年公開の同作の撮影現場で、シャーリーズはメル・ギブソンの後任という大役を任されたトムの気持ちを理解する思いやりが自分になく、「自分を守るための壁を張り巡らせてしまった」とする一方、トムもお互いにプレッシャーに圧倒されている中、シャーリーズが求めるような優れた経験のあるパートナーに自分がなれなかったと振り返った。しかし、歳を重ねた今なら状況が違うのではないかと続けている。

最終更新日
2020-05-15 10:00:32
提供
シネマクエスト(引用元

広告を非表示にするには