マーク・ハミル、「スター・ウォーズ」ファンに感謝の手紙

マーク・ハミル、「スター・ウォーズ」ファンに感謝の手紙
提供:シネマクエスト

マーク・ハミル(68)が、「スター・ウォーズ」シリーズのファンに感謝の手紙を綴っている。2019年作『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』を最後にルーク・スカイウォーカー役に別れを告げたマークがその思いを明かしたかたちだ。1979年に初めて同役でスクリーンに登場したマークは、近日発売予定の『スター・ウォーズ スカイウォーカー・サーガ コンプリートBOX』 に含まれているその手紙の写真をツイッターに投稿、「一つの時代が終わり、もう一つの時代が始まろうとしている時に思うこと」とキャプションをつけた。故キャリー・フィッシャーとハリソン・フォード共に1976年から歩んできた道のりを振り返りつつ、前8章までおよぶ作品になるとは当時誰も思っていなかったと胸中を明かした。

最終更新日
2020-04-08 10:10:43
提供
シネマクエスト(引用元

広告を非表示にするには