ジェームズ・ワン監督、新作モンスター映画に着手

ジェームズ・ワン監督、新作モンスター映画に着手
提供:シネマクエスト

ジェームズ・ワン(43)が、ユニバーサルが贈る新作モンスター映画を製作中だという。「ソウ」や「死霊館」といったホラー映画シリーズで知られるワンは、同作品で製作を担うことになるようだ。詳細は明らかになっていないもの、ユニバーサルのモンスター映画作品群の伝統に基づきながらも、現代的な角度から描かれた作品になるとみられている。ワンが自身の会社アトミック・モンスターのもと製作を手掛ける同新作は、近所に住む人物が地下室で怪物を作っていることを発見する10代の若者達を描いた内容となると考えられており、脚本は米ドラマ『スーパーナチュラル』を長年手掛けてきたロビー・トンプソンが担当する。ワンのアトミック・モンスター社にとって、今年は忙しい年となっており、「死霊館」シリーズ第3弾となる『The Conjuring: The Devil Made Me Do It』の秋公開を控えているほか、来年にはネットフリックスの『There’s Someone Inside Your House』、そして映画『モータル・コンバット』の公開も予定している。

最終更新日
2020-03-11 10:20:14
提供
シネマクエスト(引用元

広告を非表示にするには