「007」最新作、新型コロナウイルス拡大を懸念してイギリス公開を1か月前倒しへ!?

「007」最新作、新型コロナウイルス拡大を懸念してイギリス公開を1か月前倒しへ!?
提供:シネマクエスト

『ノー・タイム・トゥ・ダイ』の公開が、新型コロナウイルス感染拡大を懸念して1か月前倒しになる可能性があるそうだ。「007」シリーズ最新作は、イギリスでは4月2日に公開予定となっているが、製作側は感染拡大で観客の出足が鈍ることを恐れ、公開日程の前倒しについて現在検討中だという。全てを注ぎ込んだという製作側は、感染の広がり具合をみながら4月まで待つより、早い方が良いと考えているようだ。また今週始めには、ダニエル・クレイグにとって最後のボンド作品となるシリーズ第25弾は、新型コロナウイルスの感染拡大により、中国と香港では公開が4月30日まで延期、中国、韓国、日本を回る予定だった宣伝ツアーも中止されている。『ノー・タイム・トゥ・ダイ』のワールドプレミア上映会は、3月31日にロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで行われる予定だ。

最終更新日
2020-03-06 10:00:57
提供
シネマクエスト(引用元

広告を非表示にするには