ジョー・ダンテ監督、『グレムリン』のアニメ版前日譚に相談役で参加

ジョー・ダンテ監督、『グレムリン』のアニメ版前日譚に相談役で参加
提供:シネマクエスト

ジョー・ダンテ監督(73)は、「グレムリン」シリーズの前日譚となるアニメ新作の相談役を担っているという。1984年公開の『グレムリン』と1990年公開の『グレムリン2新種誕生』の両作品を監督したダンテは、HBO Maxで2021年配信予定となっている『グレムリンズ:シークレッツ・オブ・ザ・モグワイ』の構想の手助けをしているそうだ。久々のシリーズ復活となる同作品について、ダンテは、良いものが出来そうで、うまく進んでいることをとても嬉しく思っていると話している。ダンテによると新作は、オリジナル作品でケイ・ルークが演じたギズモの飼い主のおじいさん、ウィンを中心とした前日譚になるそうで、1920年代の中国で少年のウィンがモグワイと出会うところまで遡るそうだ。またシリーズ第2弾の終わり方では、その続編を作るのは難しかったそうだが、今回の新たなアプローチでそれが可能となったという。

最終更新日
2020-02-22 10:00:18
提供
シネマクエスト(引用元

広告を非表示にするには