ザ・ロックの父、ロッキー・ジョンソンが死去

ザ・ロックの父、ロッキー・ジョンソンが死去
提供:シネマクエスト

ドウェイン・ジョンソンの父でプロレスラーのロッキー・ジョンソンが死去した。75歳だった。現役および引退したレスラーらの友愛団体であるザ・カリフラワー・アリー・クラブが15日(水)、その悲報を伝えた。ザ・ロックとしてレスリング界で父と同じ道を歩んだ後、現在は俳優として活動しているドウェインをはじめ、遺族からは現在のところコメントは出されていない。ロッキーは25年に渡る輝かしいキャリアを経て、2008年にWWEの殿堂入りを果たしている。そのキャリアの中で、70年代にはNWA世界ヘビー級王座をかけてハーリー・レイスやテリー・ファンクらと対戦したほか、現在WWEと形を変えたWWFに82年に参加後、トニー・アトラスとタッグを組んで83年にはタッグ王座を獲得している。

最終更新日
2020-01-19 10:00:04
提供
シネマクエスト(引用元

広告を非表示にするには