『アナ雪』のイディナ・メンゼル、クリスマスアルバムは舞台役者としての自分へのトリビュート

『アナ雪』のイディナ・メンゼル、クリスマスアルバムは舞台役者としての自分へのトリビュート
提供:シネマクエスト

『アナと雪の女王』で知られるイディナ・メンゼル(48)のクリスマスアルバムは、以前舞台で活躍していた自分へのトリビュートなのだそうだ。先月公開された同作の続編『アナと雪の女王2』をはじめ映画界でも人気となったイディナは10月にアルバム『クリスマス:ア・シーズン・オブ・ラヴ』をリリースしたが、そのタイトルは初めてプロとして舞台に立つことができたミュージカル作品『レント』のテーマソング『シーズンズ・オブ・ラヴ 』を起用したものだという。さらに『How About a Hand for Mrs. Clause』ではアリアナ・グランデも参加しているほか、『アナ雪』のオラフ役ジョシュ・ギャッドとのデュエット曲も収録されている。

最終更新日
2019-12-26 10:00:39
提供
シネマクエスト(引用元

広告を非表示にするには