アンドリュー・ガーフィールド、映画版『チック・チック…ブーン!』主演へ

アンドリュー・ガーフィールド、映画版『チック・チック…ブーン!』主演へ
提供:シネマクエスト

アンドリュー・ガーフィールド(36)がネットフリックス映画『チック・チック…ブーン!』に主演する。リン=マヌエル・ミランダの監督デビュー作品となる同作品は、ブロードウェイミュージカル『レント』も手掛け、1996年に35歳の若さで他界したアメリカ人作曲家ジョナサン・ラーソンによる同名ミュージカルを基に製作される。ミランダがロン・ハワード、ブライアン・グレイザー、ジュリー・オーと共に製作も手掛け、スティーヴ・レヴェンソンが脚本を担当するラーソンの自叙伝的なこの作品では、アンドリュー演じるウェイターをしながら劇場での成功を夢見る駆け出しの作曲家が、自分の人生を歩めないことに不満がたまった恋人や、夢をあきらめて広告業に転向する親友などに直面し、もがきながらも前進する姿が描かれる。ラーソンは没後、『レント』でトニー賞4部門、またピューリッツァー賞戯曲部門を受賞している一方、アンドリューも、2部構成で合計8時間近くある長編ブロードウェイミュージカル『エンジェルス・イン・アメリカ』で主演男優賞を受賞している。

最終更新日
2019-11-04 10:00:52
提供
シネマクエスト(引用元

広告を非表示にするには