スカーレット・ヨハンソン、マーベル女性ヒーロー集結映画製作を後押し

スカーレット・ヨハンソン、マーベル女性ヒーロー集結映画製作を後押し
提供:シネマクエスト

スカーレット・ヨハンソンが、女性ヒーローの集結したマーベル映画製作をプッシュしている。マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)でブラック・ウィドウ役を演じるスカーレットは、『アベンジャーズ/エンドゲーム』でそのキャラクターが死んでしまったものの、今後どういった展開になるかは分からないとして、女性ヒーロー集結映画のアイデアを後押ししている。2010年『アイアンマン2』からブラック・ウィドウことナターシャ・ロマノフ役を演じているスカーレットは、MCUでの今後は分からないものの、マーベル女優陣はとてもパワフルだとして、一同に集結したら止められないほどすごい勢いになるだろうと期待を寄せている。女性ヒーロー集結映画については、先日キャプテン・マーベルを演じるブリー・ラーソンが、マーベルのケヴィン・ファイギ社長に製作を直訴したと明かしていた。

最終更新日
2019-10-17 10:20:03
提供
シネマクエスト(引用元

広告を非表示にするには