ゾーイ・クラヴィッツ、「バットマン」新作のキャットウーマン役に決定

ゾーイ・クラヴィッツ、「バットマン」新作のキャットウーマン役に決定
提供:シネマクエスト

ゾーイ・クラヴィッツ(30)が、新作映画『ザ・バットマン』でキャットウーマン役を演じることが発表された。ゾーイは、マット・リーヴスがメガホンを取るワーナー・ブラザースとDCコミックスによる同新作で、候補に挙がっていたザジー・ビーツやエイザ・ゴンザレス、アリシア・ヴィキャンデルを抑えて、ロバート・パティンソン演じるバットマンことブルース・ウェインの相手役に抜擢された。これまでに、アン・ハサウェイ、ミシェル・ファイファー、ハル・ベリーがキャットウーマンことセリーナ・カイル役を演じている。一方でリーヴスは、3部作を眼中に入れ、バットマンの宿敵の数を増やすつもりだそうで、ジョーカー、トゥーフェイス、ヒューゴ・ストレンジ、そしてロビンの名前も挙がっていると報じられている。現在キャスト陣には、ジョナ・ヒルがリドラー役で出演交渉中である他、ポイズン・アイビー役にはリアーナの名前が浮上している。さらに、ジェフリー・ライトがゴッサムシティ警察のジェームズ・ゴードン本部長役で出演交渉中だという。

最終更新日
2019-10-17 10:00:36
提供
シネマクエスト(引用元

広告を非表示にするには