ジョン・ワッツ、「スパイダーマン」3作目監督を交渉中

ジョン・ワッツ、「スパイダーマン」3作目監督を交渉中
提供:シネマクエスト

ジョン・ワッツが、「スパイダーマン」シリーズ第3作目を監督することになりそうだ。『スパイダーマン:ホームカミング』と『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』を監督したワッツは現在、「スパイダーマン」最新作の脚本を手掛けたクリス・マッケーナとエリック・ソマーズが再度脚本を担当することが発表されている第3弾を監督することに関し、マーベル、ソニー両社と交渉中だという。一方、つい先日にはスパイダーマンがマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU )に留まることが明らかになっていた。先月、ソニーとディズニーが、同シリーズの今後の製作を巡って同意に至らなかったことから、スパイダーマンのMCU離脱が発表されていたものの、その後、マーベルのケヴィン・ファイギ社長が今後の「スパイダーマン」作品1作品の製作を手掛け、また同キャラクターが今後製作されるマーベル作品1作品に登場することで契約が成立したようだ。

最終更新日
2019-10-02 10:30:46
提供
シネマクエスト(引用元

広告を非表示にするには