アンセル・エルゴート、役作りのために麻薬使用を考えた!?

アンセル・エルゴート、役作りのために麻薬使用を考えた!?
提供:シネマクエスト

アンセル・エルゴートは『ザ・ゴールドフィンチ』の役作りのために鎮痛剤オキシコドンを試してみることを考えたそうだ。アンセルが新作映画で演じている13歳の時にメトロポリタン美術館で起きた爆破事件で母親を失ったセオは、その処方薬依存に陥り、自殺も考えることになるが、アンセルはそうなった気持ちを理解するために薬を試してみることを検討したものの、自らが依存症に陥ることを恐れて結局思いとどまったのだそうだ。『ベイビー・ドライバー』での演技でゴールデン・グローブ賞にノミネートを受けたことがあるアンセルだが、いまだに良い役を得るためには必死の努力をしているのだそうだ。

最終更新日
2019-10-02 10:10:23
提供
シネマクエスト(引用元

広告を非表示にするには