ウィル・スミス、ネットフリックス作品に出演へ

ウィル・スミス、ネットフリックス作品に出演へ
提供:シネマクエスト

ウィル・スミス(51)がネットフリックスの新作映画『The Council』に出演する。ウィルは同作で実在したニューヨークの犯罪組織のボスであるニッキー・バーンズを演じるほか、パートナーのジェームズ・ラシターと共に製作も担う。本作の脚本を担当するピーター・ランデズマンとウィルがタッグを組むのは2015年作『コンカッション』以来となる。『The Council』は、1970年代から1980年代のハーレムを舞台に、バーンズとその仲間である7人の男たちを描く。イタリアンマフィアをパートナーに麻薬組織を作り上げたバーンズは、ニューヨーク・タイムズから「ミスター・アンタッチャブル」という呼び名を付けられたが、1978年に逮捕された後、政府の情報提供者になった。その後、証人保護プログラムの対象者となった彼は2012年に他界しているが、プログラム対象者だったため、今年になるまで彼が死去したことは明かされていなかった。

最終更新日
2019-09-27 10:20:37
提供
シネマクエスト(引用元

広告を非表示にするには