アル・パチーノ、『地獄の黙示録』出演オファーを断った理由

アル・パチーノ、『地獄の黙示録』出演オファーを断った理由
提供:シネマクエスト

アル・パチーノ(79)は、『地獄の黙示録』への出演オファーが来ていたものの、遠いロケ地に出向いて撮影をしたくなかったためそれを断ったそうだ。1979年に製作され称賛を受けた、ベトナム戦争を描いたフランシス・フォード・コッポラ監督作品で、ウィラード大尉役のオファーを受けたパチーノは、フィリピンのマニラまで行って撮影をする気になれず、その役はマーティン・シーンの元へ渡ったという。同作品は、1976年5月にマニラを襲った台風により全てのセットが破壊される憂き目に遭ったせいで、撮影は2年にも及んでいる。しかしパチーノとコッポラは他作品でタッグを組んでおり、「ゴッドファーザー」3部作では、パチーノが全作品にマイケル役で出演している。一方でパチーノには、ロバート・デ・ニーロやジョー・ペシ、ハーヴェイ・カイテルと共演したマーティン・スコセッシ監督作品『アイリッシュマン』の配信が控えている。

最終更新日
2019-09-05 10:00:39
提供
シネマクエスト(引用元

広告を非表示にするには