リース・ウィザースプーン、新作映画でサイモン・キンバーグとタッグ

リース・ウィザースプーン、新作映画でサイモン・キンバーグとタッグ
提供:シネマクエスト

リース・ウィザースプーンが新作『Pyros』で主演兼製作を務める。ザ・ニューヨーカー誌に掲載されたトーマス・ピアスによる短編小説『ターディ・マン』を原作としたSF新作で、『X-MEN: ダーク・フェニックス』の監督兼脚本家を務めたサイモン・キンバーグとリースがタッグを組むことになる。原作では、保険会社に雇われ、特殊な防護服に身を包み山火事の中などの危険地域から裕福な顧客の所有物を取り戻すことを仕事としているウィックが、たとえ人間の命に危険が及んでいても任務遂行が最優先とするルールに背くことを決意する姿が描かれている。リースは女性により作られた、または女性のための作品をテレビや映画、デジタルコンテンツ向けに製作することを目的とした自身のハロー・サンシャインを通じてプロデューサーを務める。

最終更新日
2019-08-06 10:10:48
提供
シネマクエスト(引用元

広告を非表示にするには