リー・ダニエルズ、『STAR 夢の代償』をテレビ映画化へ

リー・ダニエルズ、『STAR 夢の代償』をテレビ映画化へ
提供:シネマクエスト

リー・ダニエルズが、『STAR 夢の代償』のテレビ映画化をファンに約束している。3人の女性が成功を手に入れる姿を描いた同ドラマは、リーがトム・ドナギーと共同で創作していたが、3シーズンの後打ち切りが発表されていた。しかし今回、2時間のテレビ映画として集大成となる続編の制作が発表されたかたちだ。インスタグラムに投稿したビデオでこのニュースを告知したダニエルズは、「死んだキャラクターも含めて全てのキャストが登場する」と明かしている。20世紀フォックステレビジョンとリー・ダニエルズ・エンターテイメントが共同で制作する同ドラマには、ジュード・デモレストやブリタニー・オグラディ、ライアン・デスティニーらのほか、クイーン・ラティファやベンジャミン・ブラット、ブランディとスティーヴン・ドーフ、キキ・パーマーなどが出演している。

最終更新日
2019-07-10 10:20:34
提供
シネマクエスト(引用元

広告を非表示にするには