マーゴット・ロビー、シャロン・テート本人のイヤリングで撮影に挑む

マーゴット・ロビー、シャロン・テート本人のイヤリングで撮影に挑む
提供:シネマクエスト

マーゴット・ロビーはクエンティン・タランティーノ監督作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』で故シャロン・テートの遺品であるイヤリングを身に着け、撮影に臨んだという。8月30日に日本での公開を予定している本作では、1969年のロサンゼルスを舞台にレオナルド・ディカプリオ演じるテレビスターのリック・ダルトン、ブラッド・ピット演じるそのスタントマンのクリフ・ブース、そしてマーゴット演じるシャロンとその夫でラファル・ザヴィェルハ演じる映画監督のロマン・ポランスキーらが登場する。マーゴットはシャロンを演じるにあたり、故人の妹デブラから遺品であるそのジュエリーを借りたという。シャロンは1969年8月、妊娠8カ月だったところ、チャールズ・マンソン率いるカルト集団により殺害された。

最終更新日
2019-06-14 10:10:26
提供
シネマクエスト(引用元

広告を非表示にするには