ロバート・パティンソン、『The Souvenir』続編を降板

ロバート・パティンソン、『The Souvenir』続編を降板
提供:シネマクエスト

ロバート・パティンソンがスケジュールの都合を理由に、『The Souvenir』続編を降板した。ロバートは、来月から撮影が始まるとみられているジョアンナ・ホッグ監督の前作に続く新作に出演する予定だったが、クリストファー・ノーラン監督作『Tenet』やマット・リーヴス監督作『ザ・バットマン』での主演など多忙を理由に、プロジェクトから離脱することになったという。ホーナー・スウィントン・バーンやトム・バーク、ティルダ・スウィントンなどが出演した前作では、問題を抱えた年上の男性と交際する若い女性を描いていた。一方で先月から撮影が始まった『Tenet』でロバートは、マイケル・ケインやケネス・ブラナー、アーロン・テイラー=ジョンソン、エリザベス・デビッキ、ジョン・デヴィッド・ワシントン、ディンプル・カパーディヤー、クレマンス・ポエジーらと共演する。国際的なスパイ活動に焦点を当てた同作は、来年7月17日の公開に向けて、7か国で撮影を敢行する。また、『ザ・バットマン』は2021年6月公開を目指し、今夏プリプロダクションに入る予定だ。

最終更新日
2019-06-14 10:00:12
提供
シネマクエスト(引用元

広告を非表示にするには