トニ―賞が発表、ブライアン・クランストンが2度目の主演男優賞

トニ―賞が発表、ブライアン・クランストンが2度目の主演男優賞
提供:シネマクエスト

ブライアン・クランストンが、トニー賞で2度目となる演劇主演男優賞を受賞した。2014年に『All the Way』のリンドン・B・ジョンソン役で同賞を受賞したことがあるブライアンは、視聴率低下に悩むテレビ局を描いた1976年の映画『Network』の舞台版で演じたハワード・ビール役でまたその栄光を手にした。一方で演劇主演女優賞は、『The Waverly Gallery』でグラディス・グリーンを演じたエレイン・メイがブロードウェイデビュー60年目にして初受賞に輝いた。そんな中、ジェームズ・コーデンが司会を務めた今年度の式典では、2010年に発表されたコンセプトアルバムをミュージカル化した『Hadestown』が、ミュージカル作品賞をはじめ、アンドレ・デ・シールズのミュージカル助演男優賞、オリジナル楽曲賞、ミュージカル演出賞など最多8冠を達成した。サム・メンデスは『The Ferryman』で演劇演出賞を受賞している一方で、12ものノミネートを果たした『Ain’t Too Proud – The Life and Times of the Temptations』は振付賞を受賞するのに留まった。

最終更新日
2019-06-12 10:10:33
提供
シネマクエスト(引用元

広告を非表示にするには