サム・ワーシントン、オピオイド蔓延を描く新作『Dreamland』にキャスト入り

サム・ワーシントン、オピオイド蔓延を描く新作『Dreamland』にキャスト入り
提供:シネマクエスト

サム・ワーシントンが新作映画『Dreamland』に出演するようだ。ゲイリー・オールドマン、アーミー・ハマー、エヴァンジェリン・リリー、リリー=ローズ・デップ、グレッグ・キニア、ミシェル・ロドリゲスら人気スターを揃え、オピオイド蔓延を取り上げるこの新作に向け、『アバター』などでおなじみのサムのほか、ラッパーながらも最近俳優としての活躍も目覚ましいキッド・カディことスコット・メスカディ、『ゲーム・オブ・スローンズ』で知られるインディラ・ヴァルマが今回キャストに加わったという。ニコラス・ジャレッキーが自ら執筆した脚本で監督を取る本作でサムは製薬会社の研究者、スコットは食品医薬品局(FDA)の調査員、インディラは大学の事務員を演じることになる。撮影はモントリオールやデトロイトですでに始まっている。

最終更新日
2019-04-08 10:20:48
提供
シネマクエスト(引用元

広告を非表示にするには