『ブラック・クランズマン』のジョン・デヴィッド・ワシントン、クリストファー・ノーラン監督作で主演へ

『ブラック・クランズマン』のジョン・デヴィッド・ワシントン、クリストファー・ノーラン監督作で主演へ
提供:シネマクエスト

『ブラック・クランズマン』のジョン・デヴィッド・ワシントンがクリストファー・ノーラン監督の最新作で主演を務めることになった。この新作については内容が明かされていないものの、Imax上映も予定されている革新的なアクション大作になるという。通常通りノーラン監督はエマ・トーマスと共にプロデューサー業も兼任する予定で、先日には脚本も完成したところのため、ワーナー・ブラザースのもと2020年7月17日公開をめどに年内にも撮影をスタートする見込みだ。ハリウッドの大御所デンゼル・ワシントンを父に持つジョンは、アカデミー賞にもノミネートされたスパイク・リー監督作『ブラック・クランズマン』でアフリカ系アメリカ人として初めて白人至上主義団体クー・クラックス・クラン(KKK)に潜入捜査したロン・ストールワース役を演じて一躍スターの仲間入りを果たしていた。

最終更新日
2019-03-25 10:20:08
提供
シネマクエスト(引用元

広告を非表示にするには