サーフ・ギターの伝説ディック・デイルが死去

サーフ・ギターの伝説ディック・デイルが死去
提供:シネマクエスト

『パルプ・フィクション』のテーマ曲などで有名なディック・デイルが死去した。81歳だった。ギリシャ民謡をアレンジした1962年発表の『ミザルー』が1994年公開の同作や「TAXi」シリーズで使用されるなど日本でも馴染み深いディックが16日(日)に息を引き取ったことをベーシストのサム・ボルが発表した。ビーチ・ボーイズやジミ・ヘンドリックスらに影響を与えた演奏スタイルなど、カリフォルニアのサーフ文化から生まれたジャンルの先駆者として名前が上がるディックは生前、腎不全や糖尿病、がんなどを患っていたが、死因についてはまだ明らかになっていない。『パルプ・フィクション』で監督を務めたクエンティン・タランティーノは以前、同作のオープニングに加えた『ミザルー』を生んだ故人を称賛していた。

最終更新日
2019-03-22 10:20:15
提供
シネマクエスト(引用元

広告を非表示にするには