『ブラックパンサー』、全米映画俳優組合賞のキャスト賞を受賞!

『ブラックパンサー』、全米映画俳優組合賞のキャスト賞を受賞!
提供:シネマクエスト

『ブラックパンサー』が27日(日)、全米映画俳優組合(SAG)賞のキャスト賞に輝いた。映画部門における5つの賞が5作品へと振り分けられる結果となった今年度の式典で、同作は『アリー/ スター誕生』『ブラック・クランズマン』『ボヘミアン・ラプソディ』『クレイジー・リッチ!』らとのタイトルレースを制し、最高賞となる同賞の栄誉に預かった。また『ボヘミアン・ラプソディ』に主演したラミ・マレックが主演男優賞、『天才作家の妻 40年目の真実』のグレン・クローズが主演女優賞を受賞したほか、『グリーンブック』のマハーシャラ・アリと『クワイエット・プレイス』のエミリー・ブラントがそれぞれ助演男優賞と女優賞を手にした。一方でテレビ部門では、『マーベラス・ミセス・メイゼル』が3部門を制覇した。アマゾンが制作する同作は、コメディシリーズ部門のアンサンブル賞をはじめ、、レイチェル・ブロズナハンとトニー・シャルーブがそれぞれ主演女優賞と男優賞を受賞した。また、メーガン・ムラーリーが司会を務めた今回の式典では、アラン・アルダに生涯功労賞が贈られている。

最終更新日
2019-01-30 10:00:35
提供
シネマクエスト(引用元

広告を非表示にするには