エマ・ストーン、女優間のライバル説に疑問

エマ・ストーン、女優間のライバル説に疑問
提供:シネマクエスト

エマ・ストーンはハリウッドの女優間がライバルとみなされることに疑問を感じているという。『女王陛下のお気に入り』でレイチェル・ワイズとライバルを演じているエマだが、ハリウッドの女優同士が互いを敵とみなしているという世間の考えが不思議でたまらないと話している。仕事場においてみれば、男性の兄弟間のような争いの方が良く感じると話すエマに、レイチェルも友人の多くは女性であり、敵対心や嫌な女という考えはハリウッドに昔からある先入観だと付け加えた。2人はそれが男性によって書かれた作品であることが原因だとし、1人の男性を女性が取り合うのが男性のファンタジーであるからだろうと分析している。

最終更新日
2019-01-04 10:00:38
提供
シネマクエスト(引用元

広告を非表示にするには