ニコール・キッドマン、新作映画『Destroyer』の撮影現場に銃を持った男が乱入!?

ニコール・キッドマン、新作映画『Destroyer』の撮影現場に銃を持った男が乱入!?
提供:シネマクエスト

ニコール・キッドマンの新作映画『Destroyer』の撮影現場に、本物の銃を持った男が乱入したことがあったという。ニコールはカリン・クサマがメガホンを取る同作で、かつてギャングに潜入捜査し、悲劇的な結果を迎えてしまった事件に再び関わることになったロサンゼルス市警のエリン・ベル刑事を演じているが、ある日撮影をロサンゼルスの犯罪多発地域で行っていたところ、銃を持った男が現れ、キャストもスタッフもパニックに陥ったという。予算に余裕がなかったこともあり、悪天候の中、長時間の撮影を行っていたそうで、銃を持った人物が現れた際、小道具の大きな銃を持っていたニコールは、撃たれるとしたら自分がだろうと危機を感じていたそうだ。

最終更新日
2018-12-06 10:20:38
提供
シネマクエスト(引用元

広告を非表示にするには