ミリー・ボビー・ブラウン、最年少のユニセフ親善大使に

ミリー・ボビー・ブラウン、最年少のユニセフ親善大使に
提供:シネマクエスト

ミリー・ボビー・ブラウン(14)が最年少でユニセフの親善大使に任命された。人気ドラマ『ストレンジャー・シングス』のイレブン役で知られるミリーは、2016年に国連で開かれたユニセフ創設70周年記念イベントでホストを務めて以来、ユニセフの支援活動をしてきた。親善大使としてミリーは、子どもたちの権利や、教育の欠如や暴力、いじめや貧困など、若者に影響を及ぼす問題について国際的に提起する役割を果たすことになる。これを受け、ミリーは任命されたことを光栄だとコメントすると共に、子どもたちのために活動することへの意気込みを見せている。今回の発表はユニセフが定めた11月20日の「世界子どもの日」にされており、世界の恵まれない子どもたちがより良い生活を送れるようになる変化を指導者たちに求める国際的な署名運動がオンラインで呼び掛けられている。

最終更新日
2018-11-22 10:20:33
提供
シネマクエスト(引用元

広告を非表示にするには