マーベルのスタン・リー、死去

マーベルのスタン・リー、死去
提供:シネマクエスト

マーベル・コミックの原作者として有名なスタン・リーが死去した。95歳だった。リーが12日(月)朝、ロサンゼルス市内の病院で息を引き取ったという。今のところ、死因については不明なものの、今年初めに肺炎で病院に搬送された際には、診察から数日後に回復していると報告し、ファンを安堵させていた。コミック本の作家としてキャリアをスタートさせたリーはその後、編集長、映画の製作総指揮、役者、発行責任者と活躍し、映画に登場するなど今日でも人々から愛される数々のコミックのヒーローを生み出したことでも知られる。ブラックパンサー、ハルク、X-メン、ファンタスティック・フォー、アントマン、マイティ・ソー、アイアンマンなどの誕生に携わったリーは、善と悪の間にある線引きを曖昧にする心理的な複雑さを悪役に与えたほか、スーパーヒーローの短所も初めて描いたことでも知られる。また、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)作品などにカメオ出演することでも有名だった。

最終更新日
2018-11-15 10:00:02
提供
シネマクエスト(引用元

広告を非表示にするには