レブロン・ジェームス、リブート版『13日の金曜日』を製作か

レブロン・ジェームス、リブート版『13日の金曜日』を製作か
提供:シネマクエスト

レブロン・ジェームスがリブート版『13日の金曜日』製作に向けて交渉中のようだ。NBAのスター選手であるレブロンのスプリングヒル・エンターテインメントとリメイク映画御用達のロイ・リーのヴァーティゴ・エンターテインメントが、1980年公開の同映画の新作製作の権利獲得へ向け交渉に入ったという。アメリカにおける同作の権利は現在、オリジナル版の脚本家ヴィクター・ミラーが持っているとされているが、2009年にはデレク・ミアーズがジェイソンを演じたリメイク版が公開されている。レブロンは『13日の金曜日』をテーマにしたスニーカーを発売してしまうほど大のホラー映画ファンだと言われているが、ほかにも1996年公開のマイケル・ジョーダン主演作『スペース・ジャム』の続編が控えており、同作には『ブラックパンサー』の監督ライアン・クーグラーも製作として携わる予定だ。

最終更新日
2018-10-26 10:10:32
提供
シネマクエスト(引用元

広告を非表示にするには