ジョニー・デップ、『夷狄を待ちながら』映画化作に出演へ

ジョニー・デップ、『夷狄を待ちながら』映画化作に出演へ
提供:シネマクエスト

ジョニー・デップが新作『Waiting for the Barbarians』へマーク・ライランスやロバート・パティンソンと共にキャスティングされた。コロンビア出身監督チロ・ゲーラがメガホンを取るこの新作は、J・M・クッツェーの著作『夷狄を待ちながら』を原作に、植民地に住むイギリス人民政官が迫りくる帝国に不安を覚える姿が描かれる。野蛮人と呼ばれる者たちとの戦争から出来るだけ避けようとするその民生官をライランスが演じる予定だが、ジョニーとロバートの役どころについては分かっていない。そんな新作の話が浮上しているジョニーだが、先日には人気シリーズ『パイレーツ・オブ・ザ・カリビアン』の第1弾でディズニーから解雇されそうになっていたという裏話を明かしていた。

最終更新日
2018-10-25 10:10:07
提供
シネマクエスト(引用元

広告を非表示にするには