ライアン・クーグラー、『ブラックパンサー』続編でも続投

ライアン・クーグラー、『ブラックパンサー』続編でも続投
提供:シネマクエスト

ライアン・クーグラーが『ブラックパンサー』続編でも引き続き、脚本と監督を担当するようだ。チャドウィック・ボーズマンやマイケル・B・ジョーダン、ルピタ・ニョンゴら多くの黒人キャストを起用したことが話題となっていた今年公開の前作を大ヒットに導いたクーグラーが、マーベルと続編に関する契約をすでに交わしているという。続編での再タッグに乗り気のクーグラーとマーベルだが、製作時期に関してはまだ明らかになっていない一方で、クーグラーは来年にも脚本を執筆し、2019年末か2020年初めには製作が始まるとみられている。クーグラーは前作で今までにない分野に足を踏み入れたマーベルが、とてもサポートしてくれたと以前に称賛していた。

最終更新日
2018-10-16 10:00:48
提供
シネマクエスト(引用元

広告を非表示にするには