ジャイモン・フンスー、リブート版『チャーリーズ・エンジェル』出演へ

ジャイモン・フンスー、リブート版『チャーリーズ・エンジェル』出演へ
提供:シネマクエスト

ジャイモン・フンスーがリブート版『チャーリーズ・エンジェル』の出演陣に加わる。スティーブン・スピルバーグ監督作『アミスタッド』のシンケ役で有名なジャイモンは、同作でエリザベス・バンクスとパトリック・スチュワートと共に姿を見せない探偵社のオーナー、チャーリー・タウンゼントの右腕となるボスレーの1人を演じるという。エリザベスがメガホンを取る同作では、クリステン・スチュワート、エラ・バリンスカ、ナオミ・スコットの3人が新世代のエンジェルを演じる。さらにエリザベスは、クレイグ・メイジンとセミ・チェラスによる初稿を基に、ジェイ・バスと共に脚本の執筆に取り掛かっていると報じられている。一方で8月には、クリステンは2019年9月に公開予定の同作への出演に向けてトレーニングしていることを明かしていた。同シリーズは、2000年にキャメロン・ディアス、ドリュー・バリモア、ルーシー・リュー主演の映画版『チャーリーズ・エンジェル』、その3年後には続編『チャーリーズ・エンジェル フルスロットル』が公開されている。

最終更新日
2018-10-04 10:20:07
提供
シネマクエスト(引用元

広告を非表示にするには