ガル・ガドット、『ナイルに死す』に出演か

ガル・ガドット、『ナイルに死す』に出演か
提供:シネマクエスト

ガル・ガドットが『ナイルに死す』の出演に向けて交渉を行っているようだ。ガルがメインの配役について話し合いをしているほか、昨年公開された前作『オリエント急行殺人事件』でエルキュール・ポアロ役と監督を兼ねたケネス・ブラナーが引き続き同役と監督を務めるという。原作のアガサ・クリスティの同名小説は1937年に出版され、恋愛の三角関係が殺人に発展する模様を描いており、ガルは、友人の元婚約者と結婚した大富豪の娘、リネット・リッジウェイを演じるようだ。一方でケネスは最近、前作撮影の際、共演したミシェル・ファイファー、ジュディ・デンチ、ジョニー・デップ、ウィレム・デフォーら豪華キャストに恐縮していたことを明かしていた。

最終更新日
2018-10-03 10:10:10
提供
シネマクエスト(引用元

広告を非表示にするには