ダニー・ボイル監督、「007」シリーズ最新作を降板

ダニー・ボイル監督、「007」シリーズ最新作を降板
提供:シネマクエスト

ダニー・ボイル監督が「007」シリーズ最新作から降板した。『ボンド25』と銘打たれた同シリーズ第25弾の監督として発表されていたボイルだが、ジェームズ・ボンド役のダニエル・クレイグなど関係者との「創造性の違い」から、プロジェクトを離脱したことが「007」シリーズの公式ツイッターで21日(火)に発表された。『トレインスポッティング』や『スラムドッグ$ミリオネア』などの作品でメガホンを取ってきたボイルの起用は、イーオン・プロダクションズのウィルソンやブロッコリらが5月に正式に発表していた。ダニエルにとって5度目のボンド役となる同作は、2019年11月の公開に向けて今年12月に撮影が始まるとみられていたが、このスケジュールは今のところ新しい監督探し次第で延期となる可能性がある。

最終更新日
2018-08-24 10:10:02
提供
シネマクエスト(引用元

広告を非表示にするには