『幸福の条件』リメイク版が製作中

『幸福の条件』リメイク版が製作中
提供:シネマクエスト

ロバート・レッドフォード主演映画『幸福の条件』のリメイク版が製作中だ。映画版『ガール・オン・ザ・トレイン』の脚色を手掛けたエリン・クレシダ・ウィルソンが、1993年に公開されたエイドリアン・ライン監督作のリメイク版に向けて脚本家に抜擢されたという。ジャック・エンゲルハードによる同名小説の映画化となったオリジナル版では、レッドフォード演じる孤独な億万長者が、デミ・ムーアとウディ・ハレルソン演じる全財産を失った若い夫婦に対し、デミ演じる妻と一晩を過ごさせてくれたら100万ドルを支払うと申し出る姿が描かれ、世界で2億6600万ドル(約300憶円)という大ヒットを記録したが、その一方でゴールデンラズベリー賞に数々の部門でノミネートされ、最低作品賞などを受賞するなど、批評家からは乏しい評価を受けていた。

最終更新日
2018-08-02 10:20:46
提供
シネマクエスト(引用元

広告を非表示にするには