リチャード・マッデン、『ロケットマン』でエルトン・ジョンのマネージャー役

リチャード・マッデン、『ロケットマン』でエルトン・ジョンのマネージャー役
提供:シネマクエスト

リチャード・マッデンが新作伝記映画『ロケットマン』の中で、エルトン・ジョンのマネージャー役を演じるようだ。『ゲーム・オブ・スローンズ』などで知られるリチャードが、タロン・エガートンがエルトンを演じるこの新作で、ジョン・リード役にキャスティングされたという。過去にはクイーンのマネージャーも務めていたこともあるリードは、1970年から1998年までの28年間に渡りエルトンのマネージャーだっただけでなく、5年間は恋愛関係にもあった。しかし、エルトンの会計士から流出した手紙でリードの横領が発覚したことで解雇された。その後、2000年にはエルトンに訴えられ、裁判沙汰にも発展したが、340万ポンド(約5億円)をリードが返済することで和解に至っている。1972年のエルトンの同名ヒット曲にちなんでタイトルが付けられた『ロケットマン』では、ジェイミー・ベルがエルトンの曲作りのパートナーであるバーニー・トーピンを演じる。

最終更新日
2018-07-24 10:20:25
提供
シネマクエスト(引用元

広告を非表示にするには