マット・デイモン、マーク・リッチの伝記映画で主演か

マット・デイモン、マーク・リッチの伝記映画で主演か
提供:シネマクエスト

マット・デイモンが、マーク・リッチの伝記映画『The King of Oil』への出演交渉中のようだ。マットは、ダニエル・アマン著『キング・オブ・オイル マーク・リッチ アメリカを揺るがした最強トレーダー』映画化作での主演に向けて話し合いをしているところだとみられている。マットが演じることになるリッチという人物は、20世紀で最も裕福で力を持った商品取引業者で、1983年には脱税など65もの刑事上の起訴訴因で訴えられていた。原作では、人質事件中のイランとの非合法な取引やキューバやイスラエル、アメリカ政府との秘密裏の協力などについても描かれている。リッチはアメリカで訴えられた際にはすでにスイスにいたため、実際に出廷したことは一度もなく、 任期終了数時間前のビル・クリントン元米大統領から論争を招くような恩赦を与えられ、2013年に78歳で他界している。同作はユニバーサルのジョン・クラシンスキーのサンデー・ナイト・プロダクションズが製作を務める予定で、まだ監督は発表されていないものの、『クワイエット・プレイス』に引き続きジョン自らがメガホンを取るとみられている。

最終更新日
2018-07-05 10:20:06
提供
シネマクエスト(引用元

広告を非表示にするには