ザジー・ビーツ、ジーン・セバーグの伝記映画に出演か

ザジー・ビーツ、ジーン・セバーグの伝記映画に出演か
提供:シネマクエスト

ザジー・ビーツが、ジーン・セバーグの伝記映画『Against All Enemies』の出演に向け交渉中のようだ。ドラマ『アトランタ』で注目されたザジーが現在、クリステン・スチュワートがジーンを演じ、ベネディクト・アンドリュースが監督を務める同新作への出演を打診されている最中だという。出演決定となった場合、ザジーがどんな役を演じることになるかは現在不明だが、アンソニー・マッキー、ジャック・オコンネル、マーガレット・クアリー、コルム・ミーニイらと共演することになる。同新作では、対敵諜報活動プログラムにより、ブラックパンサー党を支援しているアメリカ人女優ジーンの信用を失墜させようとするFBIの試みが描かれる。『聖女ジャンヌ・ダーク』『悲しみよこんにちは』『勝手にしやがれ』『ピーター・セラーズのマ☆ウ☆ス』などの映画に出演していたことで有名なジーンは、人生の半分をフランスで過ごし、1979年に40歳で亡くなった際は警察から自殺だと断定されている。

最終更新日
2018-04-06 10:00:44
提供
シネマクエスト(引用元

広告を非表示にするには